舌色(ぜっしよく)

中医学では、舌をみて、患者さんの体質や病気の状態を判断します。これを舌診(ぜっしん)とよんでいます。
舌診でまず判断するのは、舌の色です。舌の色には、舌そのものの色と、苔の色に分けられます。
舌色というのは、舌そのものの色です。舌に生えている苔の色ではありません。
下の2つの写真を比べてみて下さい。明らかに舌そのものの色が違います。



初めの写真の方が赤いですね。
舌の色が赤いという事は、一般には体内に熱が沢山ある事を意味します。
逆に、赤みが薄い場合は、体内が冷えている事が多いのです。


次のページ


トップにもどる