Re: 妊娠中の漢方について


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 9 ]

投稿者 漢方の杏村 日時 2013 年 11 月 29 日 17:07:16:

回答先: 妊娠中の漢方について 投稿者 でぐ 日時 2013 年 11 月 29 日 10:48:39:

ヨクイニンが胎児を排除するというのは根拠があいまいです。
ヨクイニンがイボに良いので、胎児もイボと同じものなので胎児を排除するという理論です。
胎児とイボは全く別のものです。
ヨクイニンはハトムギの事です。
ハトムギはお茶として妊娠中の方もよく飲んでいます。
市販の色々なお茶にも配合されています。
子宮を収縮される働きがあると言われていますが、ストレスなどで収縮している子宮を緩める働きもあります。
よほど大量に飲んだ場合については解りません。(それはどの食品でも同じです)

桂枝茯苓丸のような活血薬を妊娠中に飲まない方が良いと言われる方があります。
ただ、それはケースバイケースです。

血液の汚れを淤血と言います。
淤血がある方は血液が固まりやすく、それで流産する可能性もあります。
ですから妊娠中でも淤血がある人は桂枝茯苓丸など何か血流を改善する漢方を服用した方が良いでしょう。
筋腫がある場合は、少なくとも淤血はあると思われます。
ただ、淤血にも程度があり、どの程度の服薬量がよいかはその人の体質や状況などを含めて決めていく必要があります。

淤血が全くない人が桂枝茯苓丸を大量に飲むとどうなるかという事は解りません。
ですので、淤血が全く無い人は飲まない方が良いでしょうし飲む必要もありません。





フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 9 ]