多嚢胞性卵巣症候群について


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 9 ]

投稿者 しろ 日時 2013 年 6 月 29 日 16:21:21:

長文をお許しください。ご相談させて下さい。39才です。初潮遅く(15才)以後超生理不順で10〜20代は年に数回、ひどい時は何年も生理がない状態でした。その後結婚を機にH19年33才で漢方薬の診療所に通い、煎じ薬を処方してもらいました。そこの先生が婦人科での所見も参考にしたいとのことで、婦人科を受診。診断はLH高く、多嚢胞性卵巣様との診断でした。漢方薬を始めて1年もせず、排卵があり妊娠でき、切迫流早産ありつつも無事出産できました。産後(H22年1,5,6,7,10月)と生理があったのですが(排卵かあったかは不明)11月から不正出血が続くため婦人科を受診、止血剤、ソフィアAにて生理を起こし、2人目を希望していたので、クロミッド1錠プレマリン1錠を開始するが、卵胞の発育が悪く、次周期よりクロミッド2錠とプレマリンにするが、それでも発育悪く、おしりへの注射を5日連続投与でOHSSとなり、卵巣が腫れ上がってしまいました。その後は漢方薬取扱の薬局にて市販のイスクラの漢方薬を試しH23.6月に排卵あるがその後なく、11月に別の婦人科を受診しそこで「多嚢胞、内膜薄い、自力排卵無理。治療(薬→体外)でないと無理。」と言われました。しかしOHSSが怖く、H24.6月からグリスリンというサプリを試し始め、11月に排卵するがタイミングを逃してしまいました。H25.5月にも排卵の兆候がありタイミングはよかったものの妊娠には至りませんでした。その間婦宝当帰こうも飲んだりしてますが、不正出血が起こりやすく、その都度やめてます。以前に比べ高温期が低めで期間が短い傾向があります。婦人科での治療に迷いがあり踏み切れません。できたら自力排卵での妊娠を望んでましたが、高齢でもあり、また排卵しタイミングさえあえば妊娠できると思ってましたが、黄体機能不全もあるようで、妊娠の望みも厳しく焦る毎日です。このような状態に有効な処方はあるのでしょうか。


フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 9 ]