Re: 過敏性腸炎


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 9 ]

投稿者 漢方の杏村です。 日時 2013 年 6 月 25 日 14:38:41:

回答先: 過敏性腸炎 投稿者 ねむき 日時 2013 年 6 月 25 日 10:57:26:

参苓白朮散は、慢性の下痢が長く続いて体力を消耗している時に使います。
胃腸の働きを良くするもの、腸の中の水分の流れを良くするもの、体の栄養液を補うものが組み合わされていて、腸の締まりを良くする作用のものも配合されています。

香砂六君子湯は、胃腸の働きを良くするもの、腸の中の水分の流れを良くするもの、気の流れを良くするものが含まれています。

開気丸は気の流れを改善する専門のものです。

参苓白朮散は、下痢が続いて脱水や体力の低下がある時に使います。
ただし、お腹の張りやガスを改善する力はありません。

開気丸は、お腹の張りとガスの専門のものです。
下痢にも使いますが、便秘にも使います。

香砂六君子は2つの中間のものです。

その時その時の症状にあわせて使い分けると良いでしょう。





フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 9 ]