Re: 周期療法


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 9 ]

投稿者 漢方の杏村(あんずむら) 日時 2010 年 10 月 15 日 17:09:32:

回答先: 周期療法 投稿者 もも 日時 2010 年 10 月 14 日 20:58:47:

一般的には、基礎体温が綺麗な場合で排卵期のおりものも充分にある場合は、かならずしも周期療法にこだわらなくて良いでしょう。
周期療法が一番効果が出やすいのは、排卵している場合で、低温から高温への移行がスムースでない場合と、高温期が短い場合、低温気と高温期の温度差が少ない場合です。
また、体外受精などで卵の質があまり良くない場合にも適しています。
ただ、淤血がある場合とか、痰湿がある場合とか、身体の中に汚れがある場合は、周期療法はあまり適しません。
周期療法は、汚れを綺麗にする力がないからです。
周期療法でない場合は、毎日同じものを飲みます。
それで体温が安定していれば、3ヶ月くらい同じものを続ける事もあります。
今、体温があまり綺麗でないなら、もう一度周期療法にされても良いかも知れません。




フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 9 ]