Re: 産後の母体


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 9 ]

投稿者 漢方の杏村です。 日時 2013 年 4 月 16 日 12:39:13:

回答先: Re: 産後の母体 投稿者 あーちゃん 日時 2013 年 4 月 14 日 05:52:37:

漢方薬も法律的には医薬品になっているので、このような記載があります。
医薬品の場合は、成人の場合、妊婦の場合、子供の場合、授乳中の場合などそれぞれ別々に安全性を調べないといけません。
それには大変なお金がかかります。
また、需要も限られているのでデータを揃える費用に比べて採算がとれないと思われます。

漢方薬は私たちが毎日食べている食品と同じくらいの歴史があります。
その中で今までが問題なかったのですから、食品と同じくらいの安全性があります。

ただし、お母さんが飲んだ漢方薬は母乳を通して赤ちゃんに影響する事はあります。
例えば大黄などが含まれたものは、赤ちゃんが下痢をする可能性があります。
また麻黄や附子が含まれてたものは赤ちゃんが少し興奮する場合があります。
補中益気湯の場合は便が硬くなる可能性があります。
赤ちゃんの体質によって反応は違います。
このような事がある場合は、飲まない方が良いでしょう。




フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 9 ]