Re: 排卵期のおりもの


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 9 ]

投稿者 漢方の杏村 日時 2012 年 10 月 23 日 16:40:05:

回答先: 排卵期のおりもの 投稿者 ぷぷ 日時 2012 年 10 月 22 日 13:31:11:

排卵期のおりものは頚管粘液といいます。
精子の通りをよくする役目がありますが、中国医学的にはもう一つの意味があります。
中国医学では、栄養がたくさんある液体を津液(しんえき)といいます。
体のあちらこちらに津液は存在しています。
卵胞の中は津液でみたされていると考えられます。
卵胞は大きさだけでなく、中身が大切です。
頚管粘液も津液の一部です。
ですから、排卵期のおりものと卵胞の中身とは関係があり、排卵期のおりものの量が多く、かつよく伸びる場合は卵胞の中身も良い事が予想されます。
ただし、卵胞と卵は少し違い、卵胞は卵が入っている袋です。
卵胞の状態が良い時は卵の質も良い事が多いので、やはり排卵期のおりものは卵の質とも関係があると考えます。
当店で漢方を使っての自然妊娠は46才ですから、43才でしたら充分に可能性はあると思います。
ただある程度の期間を区切ってそれで駄目なら体外に挑戦するのも良い方法と思います。





フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 9 ]