Re: 飲み合わせについて


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 9 ]

投稿者 漢方の杏村(あんずむら) 日時 2012 年 7 月 11 日 17:44:56:

回答先: 飲み合わせについて 投稿者 いちご 日時 2012 年 7 月 11 日 15:00:14:

当帰芍薬散と四物湯は血を補う働きのもので、六君子湯は胃腸の気を補う作用のものです。
飲み合わせ的な問題はありません。
ただ、卵管狭窄に効くとは言えません。
漢方には補う作用のものとよごれを綺麗にする作用のものがあります。
卵管の狭窄などの場合は、漢方的には卵管に汚れがたまっていると考えます。
ですからよごれを綺麗にするような漢方薬を使います。
六君子湯の汚れを綺麗にする力はあまり強くないからです。

ただ、よごれの種類も色々ありますし、体質も1人1人違います。
また、よごれがたまると気の流れが悪くなるので気の流れを良くするようなものも併用する事が多くなります。
ですので卵管狭窄ならこの漢方というような決め方は出来ません。
やはり体質や健康状態を考慮して漢方を選んでいく必要があります。




フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 9 ]