Re: 薬について


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 9 ]

投稿者 漢方の杏村 日時 2012 年 5 月 11 日 18:05:03:

回答先: 薬について 投稿者 よっちゃん 日時 2012 年 5 月 11 日 17:21:45:

漢方では、子宮や卵巣は腎の一部と考えます。
ですので、不妊症では腎を補うものを良く使います。
腎の中には腎精というものがあり、これが卵やホルモンの原料になっていると考えます。
ですから、腎精を補う場合が多くあります。
腎精を補うには動物生薬が効果的です。
また、体内の古血(陳久淤血)を綺麗にする場合にも動物生薬を使います。
動物生薬は熱に弱い性質があります。
ですので、煎じやエキスではなくて丸薬として使う事が多くなります。
ですから、一般的に子宝相談の場合は、丸薬が一番多用され、その次に顆粒となります。
どうしても煎じが必要なケースはあまり多くありません。





フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 9 ]