Re: どちらが合っていますか


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 9 ]

投稿者 漢方の杏村 日時 2012 年 4 月 07 日 13:41:52:

回答先: どちらが合っていますか 投稿者 はな 日時 2012 年 4 月 05 日 12:34:53:

漢方は、症状だけでなく、舌の色や脈の状態なども考えないといけないので、掲示板の内容だけで処方を決める事は出来ません。

加味帰脾湯と、桂枝茯苓丸、加味逍遙散は次のような違いがあります。

加味帰脾湯は、脾(胃腸の吸収力)を高め、心(大脳も心の一部)の血を補います。
心血が増える事により、自然に精神が整います。
胃腸がよわく、顔色が悪く、疲れやすい、気力が無いなどのタイプです。

桂枝茯苓丸は、主に下腹部の血の汚れを綺麗にします。
下腹部に淤血があると、血流がうまく巡らなくなります。
この時に、下半身が冷えて上半身がのぼせる傾向があります。
血液の汚れがあるため、肌荒れ、生理痛、かたこりなどが出やすくなります。

加味逍遙散は、肝の気の流れを調整します。
特にイライラしやすい場合に効果があります。

加味逍遙散はどちらかというとイライラで、加味帰脾湯はクヨクヨとか気力が無い場合によく使います。





フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 9 ]