Re: 加味逍遙散と加味帰脾湯


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 9 ]

投稿者 漢方の杏村 日時 2012 年 3 月 29 日 14:50:55:

回答先: 加味逍遙散と加味帰脾湯 投稿者 なな 日時 2012 年 3 月 29 日 11:44:43:

中医学の場合、体質や状態によって漢方薬を決めていきます。
西洋医学の病名も参考にはしますが、それだけで処方を決める事は出来ません。
ですから耳管開放症だから加味帰脾湯という考え方はありません。
耳管開放症の場合、中医学的には気虚(エネルギー不足)で引き締める力が弱かったり、気が下に落ちしてしまうというパターンが多くあります。
また、血の不足などがある場合もあります。
加味帰脾湯は、胃腸を丈夫にして、心血をやしない安神作用があります。
胃腸が弱く、貧血気味で、不安感、不眠がある人に適しています。
気鬱といって、イライラするタイプには向かない事が多いです。
加味逍遙散は、気滞といって、イライラしやすいタイプに向いています。
できるだけ病名から処方を決めるのではなく、体質などを判断してもらって処方を決める方が良いでしょう。
体質や状況によって、加味逍遙散と加味帰脾湯を併用したり、あるいは交互に飲む事はあります。




フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 9 ]