Re: 黄耆建中湯と人参建中湯


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 9 ]

投稿者 漢方の杏村 日時 2012 年 3 月 15 日 11:12:53:

回答先: 黄耆建中湯と人参建中湯 投稿者 さくら 日時 2012 年 3 月 13 日 10:10:09:

黄耆と人参は、どちらも気を補う補気作用がありますが、気の種類が少し違います。
人参は、健脾作用(胃腸を丈夫にする)と、心気を補う(心臓の収縮力を強める)作用があります。
これに対して黄耆は主に衛気を補う力が強くなります。
衛気とは表を固めて、邪気が入らないようにしたり、汗や気が漏れないようにする作用です。
風邪をひきやすいなどの場合は、人参より黄耆をよく使います。
黄耆建中湯は、このような目的で使われる事が多いものです。
黄耆と人参でもう一つ違うのは、人参は津液(体液)を増やす、つまり潤す作用があります。
これに対して黄耆は余分な水をさばく作用があります。
小建中湯もどちらかというと潤す作用のため、ここに人参を入れると水の流れが悪くなりやすくなります。
そういう意味ど黄耆建中湯の方が使いやすい処方です。
ただし、明かに津液不足の場合は、小建中湯に人参を入れる方法も良いでしょう。




フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 9 ]