Re: 生理後の不定愁訴


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 9 ]

投稿者 漢方の杏村です。 日時 2012 年 1 月 11 日 14:23:19:

回答先: Re: 生理後の不定愁訴 投稿者 ササ 日時 2011 年 12 月 21 日 22:11:02:

星火温胆湯は、痰湿(汚れた水、脂、繊維)という種類のよごれが胆と心にたまった場合によく使います。
痰湿が胆や心にたまると、不安感、不眠、動悸などがおこります。

これに対して帰脾湯は脾と心の気血両虚に用います。
血やエネルギーの不足が脾(胃腸の消化機能)や心(大脳や自律神経)などにある場合です。

温胆湯はよごれを綺麗にす作用のもので、帰脾湯は気血を補うものです。
ただ、二つの症状は似ている事もあり、簡単には区別が付かない事もあります。
一般的には、帰脾湯は、脈が弱く、舌の色も淡色です。
これに対して温胆湯は脈はやや強く、舌に苔が多くなります。
精神的には帰脾湯は落ち込みやすく、クヨクヨします。
温胆湯は気が落ち着かず、いつもビクビクしている感じになります。




フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 9 ]