Re: 菊花


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 9 ]

投稿者 漢方の杏村 日時 2011 年 11 月 25 日 15:29:06:

回答先: 菊花 投稿者 ゼロ 日時 2011 年 11 月 22 日 19:24:04:

菊花の働きとしては、発熱、頭痛、咳、喉の痛みなどに薄荷などと併用して使う方法。
目の充血、疲れ、かすみ、などに他の薬と配合して使用する方法。
肝陽上亢といって、高血圧、のぼせなどによるめまいや頭痛に他のものと配合して使います。
単独の菊花をお茶として飲む場合の効能はあまり強くなく、夏バテの予防、目の乾きの予防などになります。
肝鬱気滞、ストレス緩和、不眠などにはそれに適した方剤を使う方が良く、菊花だけでは難しいように思います。




フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 9 ]