Re: パニック障害


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 9 ]

投稿者 漢方の杏村 日時 2011 年 8 月 03 日 13:57:20:

回答先: パニック障害 投稿者 みき 日時 2011 年 7 月 26 日 18:30:03:

中医学の基本的な考え方として、この病気にはこの漢方薬という決まり切った使い方はしません。
パニック障害を起こす場合、中医学的には気血水の流れが阻滞されて起こると考えます。
この場合、気血水のうちどの流れがどのくらい悪くなっているかによって方剤を考えます。
この部分は標治といって現在の症状を改善する方法です。
標治以外に本治も考えます。
本治とは、気血水の流れが悪くなっている原因を探り出して治療する事です。
大抵は何処かの臓腑の働きが悪くなっている事が原因です。
どこの臓腑がどのような状態になっているか考えて、本治の処方を決めていきます。
一般的には症状がひどい時は標治を中心として、症状がある程度おさまったら本治を中心として治療します。




フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 9 ]