高プロラクチン+子宮筋腫(+冷え性+アレルギー)


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 9 ]

投稿者 上野のパンダ 日時 2011 年 4 月 13 日 21:45:32:

質問お願いいたします。

元々、ひどい冷えと生理痛(生理不順はなし)、アトピー、疲れやすい体質があります。

いわゆる虚証だと思いますが、アトピーの治療(血行改善)で「桂枝ぶくりょう丸」「桃核承気湯」を処方され、適応しています。桂枝〜は実証用といわれていますが、なぜだろうか、と思いつつ、合っているので(生理痛がひどいときに、飲んだら即効く感じです)飲んでいます。担当医によると、「冷えのぼぜ」状態なので、桂枝〜が効くとのこと。実際、冷えているのに、上半身だけ異常に汗が出たり、極端です。

胃が弱く、合わないとすぐに口角炎になるので、この処方が自分に適合しているのは良く分かります。桃核〜は、便通が良くなるので、これもよく適合しています。

本題に入りますが、
さらに子宮筋腫と高プロラクチン血症が見つかったので、漢方で対処できればと思っています。子宮筋腫は、上記の2種の漢方で良いと思うのですが・・

高プロラクチンへは、芍薬甘草湯が良いとネットで知り、できたら飲みたいと思っています。
可能性として、ありえるのは、上記2種類の漢方+芍薬甘草湯、の組み合わせがあると思うのですが、この飲み合わせは大丈夫なのでしょうか?

また、他の漢方薬で上記の症状を補完しようとする場合、どのような漢方薬が考えられますでしょうか?

さらに、黄体形成ホルモンが少ないのも気になっています。おそらく、高プロラクチンを治していけば、戻る可能性が高いと考えていますが・・。

お手数おかけいたしますが、ご回答いただきますよう
どうぞよろしくお願いいたします。



フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 9 ]