Re: 超高齢の漢方不妊治療


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 9 ]

投稿者 漢方の杏村(あんずむら) 日時 2011 年 2 月 08 日 12:33:29:

回答先: 超高齢の漢方不妊治療 投稿者 くらら 日時 2011 年 2 月 06 日 20:15:53:

AMHは、卵巣の卵の在庫を意味しています。
AMHが少ないと在庫が少ないという意味になります。
ただ、その事と卵の質は必ずしも一致しません。
AMHが低くても良い卵が排卵する事があるからです。
漢方的にも今の状態は卵巣が疲れている状態と言えますから、あまり卵巣を刺激しないで、自然に膨らんで来た卵胞をタイミング良く採卵する自然周期の採卵が良いように思います。
漢方も当帰芍薬散だけでは不足です。
当帰芍薬散は血を補う作用はありますが腎を補う作用があります。
漢方では卵巣は腎の一部ですから、腎を補うものが必要です。
特に、動物性の生薬が含まれたものは腎精を補う作用が強いので、使ってみられると良いでしょう。
ただし、何でもかんでも補腎すれば良いというのではなく、やはり体質にあわせて漢方を選んでいく事が大切です。




フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 9 ]