Re: 多嚢胞性卵胞症候群


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 9 ]

投稿者 漢方の杏村(あんずむら) 日時 2010 年 12 月 29 日 13:54:08:

回答先: Re: 多嚢胞性卵胞症候群 投稿者 みかん 日時 2010 年 12 月 29 日 12:44:13:

煎じの内容については解らないので、コメント出来ませんが鹿茸大補湯は、腎精を補う作用はありますが、汚れを綺麗にする作用はあまりありません。
状態にもよりますが、1ヶ月分とて3万円はちょっと高いかなと思います。

汚れを綺麗にする漢方薬ですが、残念ながら保険の効く範囲ではあまり良いものがありません。
汚れの種類によって、使うものが違います。
痰湿(汚れた脂とか繊維)という汚れの場合は、よく使うものが、「星火温胆湯」、「晶三仙」、「路路通」「皀角刺」「鶏内金」などです。
淤血の場合は、血管の中の汚れではなく、血管の外でかたまった汚れです。
このような場合は、「久病入絡」といい、「経絡の中の陳久淤血」を綺麗にするものをつかいます。
この場合は「三稜」「莪朮」「水蛭」「地竜」などの含まれているものです。

どのような種類の汚れがたまっているかは、中医学的な判断が必要になります。
症状だけでなく、舌、脈、顔色などもあわせて判断します。




フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 9 ]