Re: 苓桂朮甘湯 か 加味逍遥散か


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 9 ]

投稿者 漢方の杏村 日時 2014 年 11 月 06 日 10:52:34:

回答先: Re: 苓桂朮甘湯 か 加味逍遥散か 投稿者 げんちゃん 日時 2014 年 11 月 05 日 14:49:14:

気が上がる場合にも、色々な経路があります。
苓桂朮甘湯は、胃の経絡を中心に上がってきますので、吐き気は出やすいですがのぼせはあまりありません。
加味逍遙散の場合は肝経を中心に上がりますので、側頭部を中心としたのぼせ感が出る場合があります。
また目は肝とも肝経していますので、加味逍遙散が効く可能性はあります。
ただイライラやのぼせ感が無い場合は、加味逍遙散ではなくて逍遥散の方が良い事が多いです。




フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 9 ]