Re: 苓桂朮甘湯 か 加味逍遥散か


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 9 ]

投稿者 漢方の杏村です。 日時 2014 年 11 月 05 日 13:55:50:

回答先: 苓桂朮甘湯 か 加味逍遥散か 投稿者 げんちゃん 日時 2014 年 11 月 04 日 18:16:47:

動いたり大声を出したりするとひどくなって、横になると楽になるタイプのめまいは耳と関係している事がよくあります。
耳の中の耳石の一部が剥がれて耳の中の水の流れをかき回しているケースがあります。

苓桂朮甘湯は、気が上にのぼり、それとともに水がのぼってくる状態のめまいによく使います。
四物湯は血が不足している場合に使います。
加味逍遙散は、気の流れが悪いタイプに使います。
加味逍遙散の場合はめまい以外にも、イライラしたり、のぼせ感、どうきなど色々な症状が出ている事が多いです。




フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 9 ]