Re: 脂漏性湿疹について


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 8 ]

投稿者 漢方の杏村(あんずむら)です。 日時 2008 年 10 月 15 日 16:53:27:

回答先: 脂漏性湿疹について 投稿者 さくら 日時 2008 年 10 月 14 日 21:20:39:

皮膚の場合は、比較的変化が激しく、通常2週間から4週間くらいで処方を加減する事が多いです。
ただし、加減といっても方向性が変わるという事ではなく、飲む量などの微調整が多くなります。
竜胆瀉肝湯だけで湿熱がとれない場合は、黄連解毒湯、五涼華、五行草などを併用する事があります。
また、赤味が強く、赤黒い感じがある場合は血熱を考えて、涼血清営顆粒とか板藍根なども使います。
熱感が強い場合は石膏が必要な事もあり、白虎加人参湯なども使います。



フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 8 ]