当帰芍薬散と紫苓湯について


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 8 ]

投稿者 ぽん 日時 2010 年 6 月 22 日 19:44:39:

只今不妊治療中で、顕微授精で4回胚移植を行いました。
受精卵の状態はいいのですが着床しませんでした。
眽診をしてもらうと、どこへ行っても「気虚」「血虚」と言われます。
舌も、全体的にひび割れた状態です。

現在漢方外来で、胚移植に向けて「当帰芍薬散」+「ジオウ」+「ヤクモソウ」を処方してもらい煎じでのんでいますが、
先日、不妊相談をして頂いた産科のお医者様からは「柴苓湯」を処方してもらいなさいと言われました。

「当帰芍薬散」と「柴苓湯」は、同時に処方できないと言われ
どちらを飲むべきか迷っています。

「柴苓湯」は胚移植に適しているのでしょうか?
「当帰芍薬散」とのちがいは?

よろしくお願いします。



フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 8 ]