生薬の効果について


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 8 ]

投稿者 しょう 日時 2010 年 5 月 26 日 01:29:34:

各生薬の説明に【性味】【帰経】という表記がありますがこれらはどのようにとらえればよろしいでしょうか。

たとえば当帰芍薬散の場合、

芍薬、当帰、川芎:主に肝経を温め
茯苓・白朮    :主に脾・胃を温め
沢瀉 :腎・膀胱経は冷ます

というような認識でよいのでしょうか。

たとえば沢瀉が入っているため、腎陽虚の人は服用しないほうが
いいといったことはありますでしょうか。
それとも総合的に当帰、川芎、白朮のような温める生薬が入っているため腎は冷やさず腎陽虚の人が服用しても問題はないと判断できるのでしょうか。


フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 8 ]