Re: 課掃些蝶


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 8 ]

投稿者 漢方の杏村(あんずむら) 日時 2010 年 4 月 07 日 18:42:53:

回答先: 課掃些蝶 投稿者 楓 日時 2010 年 4 月 07 日 14:02:06:

湿熱というのは、湿と熱が入り交じったものです。
茵ちん蒿には、湿と熱の両方をとる力があります。
この作用を清熱利湿と言います。
ただ、冷やす力はそんなには強くはないように思います。
特に湿熱型の黄疸に対しての効果が良いとされています。

茵ちん蒿湯には大黄が含まれています。
大黄には、活血化淤の作用があり、淤血を綺麗にする力があります。
ただ、茵ちん蒿湯の淤血をとる力は淤血専門のものには及ばないでしょう。




フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 8 ]