Re: 妊娠初期の柴苓湯について


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 8 ]

投稿者 漢方の杏村(あんずむら) 日時 2010 年 2 月 24 日 15:35:39:

回答先: 妊娠初期の柴苓湯について 投稿者 りんご 日時 2010 年 2 月 24 日 07:49:01:

柴苓湯は、胎児に影響して、奇形率が上がるという事はありません。
ですので、その意味では妊娠中に飲んでも大丈夫です。

柴苓湯は、抗リン脂質抗体や抗核抗体がある場合などがある場合に西洋医学的な見地からよく使われています。
ただ、抗体があるから柴苓湯という使い方は、西洋医学的な使い方で、中医学的な使い方ではありません。
柴苓湯は、体を冷やす作用があり、また乾かす作用があります。
中医学的には湿熱に気滞がからんだような場合に使われます。
もし、冷え性の人や潤い不足の人がどうしても柴苓湯を飲まなければいけない場合は、婦宝当帰膠など体を暖め、潤いを増やすものと併用する事が望ましいでしょう。





フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 8 ]