Re: 教えてください


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 8 ]

投稿者 漢方の杏村(あんずむら) 日時 2009 年 11 月 04 日 18:00:06:

回答先: 教えてください 投稿者 さき 日時 2009 年 11 月 02 日 18:31:37:

柴胡桂枝乾薑湯は、気の流れをよくする作用、体を暖める作用、中焦(みぞおち、脇)のつまりを改善するような作用があります。
また鎮静の作用もあります。
黄耆建中湯は、気を補う作用が比較的良いものです。
疲れとか、免疫の低下などに使います。

更年期の場合、西洋医学ではホルモン剤を使ったりします。
しかし、漢方では、ホルモン剤のようなものはありません。
その人、その人の体質や状態をみて、漢方を決めて行きます。

更年期で比較的よく使われるのが加味逍遙散ですが、柴胡桂枝乾薑湯もとても良く使います。
ただ、更年期だからこの漢方が良いという使い方はしません。
あくまでも体調を良くしていく事が先決で、体全体の調子が良くなれば、自然に更年期の予防や改善にもなると思って下さい。



フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 8 ]