Re: 羊水が少ない


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 8 ]

投稿者 漢方の杏村(あんずむら) 日時 2009 年 10 月 20 日 18:03:37:

回答先: 羊水が少ない 投稿者 のあ 日時 2009 年 10 月 18 日 23:06:55:

中医学的に考えると、子宮頸管が短かくて流産あるいは早産しやすい状態は、腎気の不足とか、気血両虚と考えます。
子宮も中医学では腎の一部と考えます。また、子宮は血室とも言われ、血で養われています。
子宮から赤ちゃんが出ないように引き締めているのは気の働きです。
ですから、体質に応じて腎を補ったり気血を補う事が大切です。
ただ、子宮の形は個人差があり、また着床する位置なども関係しますので漢方だけで必ず効果が出るとは言えません。

羊水は中医学的には津液(しんえき)の一部です。
津液は栄養液の意味です。
津液は血液とも関係します。
ですから、津液を増やす漢方を使う事で羊水の供給が増える可能性があります。
羊水過少がおこる原因は、母体側の問題と、胎児側の問題があります。
西洋医学的な部分は私の専門では無いので、Googleなどで「羊水過少」で検索してみて下さい。





フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 8 ]