Re: 陰嚢湿疹についての質問です。


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 8 ]

投稿者 漢方の杏村(あんずむら) 日時 2009 年 9 月 18 日 18:51:02:

回答先: 陰嚢湿疹についての質問です。 投稿者 ふじおか 日時 2009 年 9 月 18 日 04:17:00:

陰嚢湿疹は治りにくいので、多少でも効果があるなら、もう少し続けて見て下さい。
もし、竜胆瀉肝湯だけではなかなか治らない場合は、赤味と熱感が強いなら黄連解毒湯を併用したり、また痒みが強い場合は、銀翹散や荊芥連翹湯を併用すると良いでしょう。

柴胡勝湿湯は、正式名は清魂湯というもので、『蘭室秘蔵』という本の中にある処方で、陰嚢湿疹を目的に作られた処方です。
矢数道明という方が昔よく使っていたようでずか、残念ながら現在では殆ど使われていません。
処方は柴胡、茯苓、当帰、龍胆、沢瀉、生甘草、酒黄柏、羌活、麻黄根、漢防已、升麻、五味子、紅花です。
処方としては竜胆瀉肝湯に似通っていますが、五味子や麻黄根の収斂で汗を抑える作用があります。
また、升麻の解毒作用と昇提作用で湿邪を上に導いています。
清魂湯の魂は肝の意味で、肝経の湿熱を治療するという意味と思われます。




フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 8 ]