Re: 黄連解毒湯と肝経について


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 8 ]

投稿者 漢方の杏村(あんずむら) 日時 2009 年 8 月 27 日 19:01:05:

回答先: 黄連解毒湯と肝経について 投稿者 ヤマト 日時 2009 年 8 月 27 日 12:43:13:

黄連は、主には心、胃です。
黄岑は、主に三焦と肺、腸に働きます。
黄柏は、下焦、特に腎と膀胱、大腸に働きます。
山梔子は、心と小腸、膀胱、胃に働きます。
ただ、この分類は厳密なものではありません。
黄連解毒湯は、全身の湿熱をとる作用があり、肝経の湿熱にも使います。
肝経の湿熱をとるという事が目的なら加味逍遙散の併用より、竜胆瀉肝湯や茵ちん蒿湯と併用した方が良いでしょう。




フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 8 ]