Re: 漢方薬について


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 8 ]

投稿者 漢方の杏村(あんずむら) 日時 2009 年 8 月 18 日 18:11:53:

回答先: 漢方薬について 投稿者 ゆう 日時 2009 年 8 月 12 日 14:38:56:

四逆散は、柴胡の発散と芍薬の収斂で、発散と同時に収斂して気の流れを調えます。
また、柴胡の昇と枳実の降で、昇降のバランスを調えます。
このようにして、全身の気の巡りを調整します。

抑肝散は、柴胡と川きゅうの昇と釣藤と半夏の降で、昇降のバランスを調えます。
収斂作用のものはありません。

加味逍遙散は、柴胡、薄荷の発散と芍薬の収斂で、やや発散の力が強くなります。
柴胡の昇と、牡丹皮、山梔子の降ではやや降の作用が強くなります。

気の流れが悪くのぼせや緊張がある場合、柴胡加龍骨牡蠣湯、桂枝加龍骨牡蠣湯など龍骨、牡蠣などの鎮静作用がある生薬が含まれているものが適しています。
また、気の流れが悪いと、水の流れが悪くなります。このような場合は半夏厚朴湯や温胆湯などを使います。
また、血の流れが悪くなった場合は、血腑逐於丸などをよく使います。
みぞおちが硬く張っている場合は、半夏瀉心湯などを使うと、気の流れが改善して症状が良くなる事もあります。




フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 8 ]