Re: 副作用?


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 8 ]

投稿者 漢方の杏村(あんずむら) 日時 2009 年 7 月 17 日 16:35:36:

回答先: 副作用? 投稿者 コバ 日時 2009 年 7 月 17 日 09:11:05:

発汗やのぼせの治療を目的として加味逍遙散を使って、逆にひどくなった場合は、無理に続けないで、他のものに変更する方が良いでしょう。
加味逍遙散は、気滞がある時によく用います。
例えば、イライラするとか、生理前に胸が張るなど、気滞の症状が強い場合に使います。
のぼせ、発汗、生理不順でも、淤血といって血の汚れが原因の場合は、桂枝茯苓丸を使います。
また、この両者がある場合は、血腑逐於丸などもよく使います。
それ以外にも、痰湿がある場合とか、陰虚がある場合など色々なケースがあります。

六味丸は、男性ホルモンの不足がある男性が飲むと、体質にあっていれば男性ホルモンが増強される可能性があります。
ただ、誰が飲んでも男性ホルモンが上がるというものではありません。
女性ホルモンの不足がある場合で、体質にあっていれば、女性ホルモンが増える事もあります。
この場合は、男性ホルモンが過剰な場合、男性ホルモンが減って自然にホルモンのバランスが整う可能性もあります。
ただし、ちゃんと漢方的に判断して、その人の体質にあったものを使う事が大切です。




フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 8 ]