Re: 飲み合わせについて


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 8 ]

投稿者 漢方の杏村(あんずむら) 日時 2009 年 7 月 17 日 16:25:07:

回答先: 飲み合わせについて 投稿者 ひなた 日時 2009 年 7 月 16 日 16:37:36:

妊娠中に飲める漢方薬、飲んだ方が良い漢方薬は、その人、その人の体質によって違います。
例えば、淤血がある人は活血薬をのむと流産しにくくなりますが、淤血が無い人が大量に活血薬をとると流産のきっかけになる可能性があります。
ですので、やはり漢方に詳しいお店で、よく相談をして決めて下さい。

婦宝当帰膠は、妊娠中にもよく使うものです。
冷えがあり、血の不足があるような場合には、とても適しています。

冠元顆粒や爽月宝は、淤血がある場合に使います。
不育症の場合とか、抗リン脂質抗体が高い場合などは活血薬を使うと流産しにくくなる事がよくあります。
ただし、その場合でも、淤血の程度に応じて、飲む量を考える必要があります。

これらのものを飲んで、胎児に影響して奇形率が上がるという事はありません。
ただ、これらのものが、ひなたさんの体質にあっているかとか、全部が必要かどうかという事は、この掲示板だけでは判断出来ません。





フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 8 ]