Re: ホットフラッシュ


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 8 ]

投稿者 漢方の杏村(あんずむら) 日時 2009 年 7 月 14 日 16:17:13:

回答先: ホットフラッシュ 投稿者 あさみ 日時 2009 年 7 月 11 日 18:52:27:

ホットフラッシュが起こるのは、卵巣の機能が低下して、脳下垂体からのホルモンが多い場合はにおこります。
漢方的には腎虚があり、陰陽のバランスが悪い状態といえます。
桂枝加龍骨牡蠣湯は、陰陽を調和させる働きがあり、ホットフラッシュにも良く使います。
加味帰脾湯は、精神的に不安定な場合とか、不眠がある場合で血虚がある場合に使います。
ホットフラッシュにも使わない事は無いですが、使用頻度はあまり高くありません。
桂枝加龍骨牡蠣湯は、苓桂朮甘湯や六君子湯と違い、胃内停水をとる力がある訳ではありません。
ただ、胃内停水がある人が飲んではいけないというものでもありません。




フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 8 ]