Re: 痩せ型でニキビ


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 8 ]

投稿者 漢方の杏村(あんずむら) 日時 2009 年 6 月 23 日 17:32:25:

回答先: 痩せ型でニキビ 投稿者 Lana 日時 2009 年 6 月 23 日 15:51:50:

このような体質の場合、症状がいりくんでいて、なかなか難しいです。
可能性としては、脾の陰虚があり、さらに胃熱があります。
脾の陰虚があると、食べても太らない状態です。
ただし、胃熱があるので、食欲はあります。
食べると胃熱が強くなるのでニキビもひどくなります。
脾の陰虚は、体の潤いが失われやすい状態です。
脾の陰虚は、便秘が無い場合は、星火健脾散などをよく使います。
麦味参顆粒や麦門冬湯なども使う事があります。
脾の陰虚は、肝血不足の原因になり、生理不順になる原因にもなります。
ただし、胃熱がある場合は何か胃熱をとるものも必要になります。
どのようなものをどのくらい使うかなど、バランスを考えて使っていく必要があるので、やはり漢方に詳しい所でよく相談して見て下さい。

当帰芍薬散は余分な水をさばく性質がありますが、当帰や芍薬など潤いを与えるものも含んでいます。
ですから、五苓散とか小柴胡湯ほどの燥性はありません。
よほどの場合でないと乾かし過ぎという事はないでしょう。

体内にたまった余分な脂肪は痰湿という考え方があります。
ただ、皮膚から出る脂肪は「火」と関係が深く、やはり胃熱などが関係していると思います。




フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 8 ]