Re: コギクジオウガン と テンノウホシンタン


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 8 ]

投稿者 漢方の杏村(あんずむら) 日時 2009 年 6 月 19 日 14:08:46:

回答先: コギクジオウガン と テンノウホシンタン 投稿者 芙蓉 日時 2009 年 6 月 19 日 00:57:30:

杞菊地黄丸は、「肝腎陰虚」天王補心丹は「心腎陰虚」に使います。
どちらも陰虚の状態があります。
陰虚を改善するものは、みな潤し、冷やす作用があります。
ただし、杞菊地黄丸や天王補心丹の冷やす作用は強くありません。

肝腎陰虚と心腎陰虚が同時にある場合は、この2つを良く使います。
その場合の量は、その人の身長体重、陰虚の程度、胃腸の状態、季節などを考えて決めます。
ですから漢方に詳しい人に直接相談するのがお勧めです。
解らない場合は各半分の量なら問題ありません。



フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 8 ]