Re: ビャクジュツとソウジュツの違い。


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 8 ]

投稿者 あんず村 日時 2009 年 6 月 17 日 12:38:28:

回答先: ビャクジュツとソウジュツの違い。 投稿者 メグッペ 日時 2009 年 6 月 17 日 08:33:58:

ツムラの処方は本来白朮を使うべきものがすべて蒼朮が使われています。
理由はよく分かりませんが、昔誰かから聞いた話では、中医学が日本で普及していない頃はこの2つの区別はあまり厳格では無かったので当時価格の安かった蒼朮で登録したという事でした。ただし、本当かどうかは私には解りません。
今は白朮の価格も下がり、蒼朮と白朮もはっきりと区別して使われています。
ですから、ツムラももう一度処方の認可をとりなおした方が良いのかも知れません。
ただ、逆に白朮よりも蒼朮が適している場合もありますので、他メーカーと使い別けすると良いでしょう。

白朮は気を補う働きがあります。
気を補うとは、気虚といってエネルギー不足、特に胃腸のエネルギー不足の場合は白朮とか人参が適しています。
白朮、人参、甘草などと組み合わせ、胃腸を丈夫にする人参湯、四君子湯、六君子湯などがあります。

蒼朮は気の流れを良くする作用があります。
ストレスなどで気の流れが悪くなった場合で、張る感じがある場合などに良く使われます。
蒼朮は厚朴などと組み合わせて平胃散などとしてよく使います。
例えば舌に厚い苔がある場合などは、白朮よりも蒼朮を使う事が多いです。




フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 8 ]