Re: 当帰芍薬散


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 8 ]

投稿者 漢方の杏村(あんずむら) 日時 2009 年 4 月 16 日 15:02:46:

回答先: 当帰芍薬散 投稿者 もも 日時 2009 年 4 月 16 日 10:06:45:

日本式の漢方ですと、当帰芍薬散は体力の無い虚証に使います。
桂枝茯苓丸は体力のある実証に使います。
ですので、普通は併用する事はありません。

中医学では、当帰芍薬散は、冷えがあり、血の不足があり、水の流れが悪い場合に使います。
桂枝茯苓丸は、血の汚れがあり、冷えのぼせがある場合に使います。
血の不足(虚)と血の汚れ(実)が同時に存在する事は考えられます。
ですので、状況に応じて併用する事もよくあります。
大切なのは状況に応じて使うという事です。




フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 8 ]