Re: シンガポールの漢方


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 8 ]

投稿者 漢方の杏村(あんずむら) 日時 2009 年 3 月 25 日 15:02:18:

回答先: Re: シンガポールの漢方 投稿者 Kucing 日時 2009 年 3 月 22 日 20:25:16:

柴胡清肝湯はツムラやコタローでも出ていて保険が使えるはずです。
温胆湯と香砂養胃丸は、保険は通っていません。
温胆湯は、イスクラが「星火温胆湯」という名前で出しています。
コタローも温胆湯という名前で出していますが、どちらも保険は効きません。
香砂養胃湯は、八つ目製薬が「香砂養胃丸」という名前で出しています。
これらはすべて日本の厚生労働省の認可を得たものです。
ですから個人輸入のものとは全く違います。

処方というのはその成分が含まれていれば良いというものではありません。
全体のバランスがとても大切です。
それはちょっと料理の味に似ています。
砂糖、塩、醤油が含まれていればみな同じ味になるというものではありませんよね。
それと同じです。




フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 8 ]