Re: 帰脾湯と補中益気湯


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 8 ]

投稿者 漢方の杏村(あんずむら) 日時 2009 年 1 月 28 日 17:26:16:

回答先: 帰脾湯と補中益気湯 投稿者 さくら 日時 2009 年 1 月 27 日 11:36:56:

帰脾湯と補中益気湯は共通する部分があります。
どちらも、健脾と補気の作用があります。
健脾は、胃腸の働きを良くして、食べたものの消化、吸収を助ける働きです。
補気とは、エネルギーを補い、疲れなどを回復する作用です。
健脾益気の作用はどちらも同じくらいの力があります。

違いは、補中益気湯は昇提作用といって、下に落ちたものを持ち上げる作用があります。
例えば、胃下垂、脱肛、子宮脱などに応用されます。
気を下から上え持ち上げるので、息切れとか、鬱などにも応用されます。

脾気湯は、養心安神の作用があります。
心を養い、神経の興奮を静める作用です。
ノイローゼとか、不眠などに使います。

これらの違いがあるので、使い別けるのが普通です。
勿論、脾虚や気虚が強い場合などで、両方必要な事もあります。




フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 8 ]