Re: 逍遥散と補腎薬について


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 8 ]

投稿者 漢方の杏村(あんずむら) 日時 2010 年 10 月 13 日 16:43:57:

回答先: 逍遥散と補腎薬について 投稿者 いもむし 日時 2010 年 10 月 13 日 16:22:51:

加味逍遙散は、星火逍遥丸に、牡丹皮と山梔子を加えたものです。
牡丹皮と山梔子は身体を冷やす性質があります。
もし冷えだけでのぼせが無いなら、星火逍遥丸をお勧めします。
のぼせがあるなら加味逍遙散の方が適しています。
どちらも胃腸を丈夫にする作用はあります。
ただ、胃腸が弱い場合にも、色々な原因があり、すべて逍遥丸で対応出来るとは限りません。
また加味逍遙散は胃腸が特に冷えて弱い場合、時に下痢する事があります。

海馬補腎丸は腎陽を補う専門薬です。
これに対して、参馬補腎丸は脾腎陽虚のものです。
補腎の力や温める力は海馬補腎丸が強いですが、胃腸の負担は参馬補腎丸の方が少ないので、胃腸の弱い人は参馬補腎丸が良いでしょう。

基礎体温については、生理の周期に応じて補腎薬を飲み分ける方法が良いよう思います。
ただ、その場合、基礎体温だけでなく、その人の体質とか、おりもの、生理など色々な点を考慮して使うものを決めていく必要があります。
この掲示板だけでお薬を決める事は出来ません。
お近くの不妊症などに詳しいお店で相談してみて下さい。




フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 8 ]