Re: 麻杏薏甘湯


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 8 ]

投稿者 漢方の杏村(あんずむら)です。 日時 2008 年 10 月 24 日 18:12:09:

回答先: 麻杏薏甘湯 投稿者 サキ 日時 2008 年 10 月 21 日 20:17:00:

半夏厚朴湯は気と水の流れを良くするものです。
麻杏よく甘湯も、気と水の流れを改善しますが方向性が違います。

半夏厚朴湯の場合は、ストレスなどで欝滞していた気の流れを改善します。

これに対して麻杏よく甘湯は、冷えて体表の気が発散出来ず痛みを起こす場合に、麻黄の発散作用で気を強く発散させるような作用です。
麻黄は発散作用が強く、軽い運動をするような作用があります。
胃腸が弱い人とか疲れやすい人は、量を減らす方が良いでしょう。

体質は常に一定ではなく変化する事もあります。
処方もそれにあわせて変化します。
また、季節などでも処方を変更する事もあります。
女性の場合は生理周期なども関係する事があります。



フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 8 ]