Re: 陰部の炎症


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 8 ]

投稿者 漢方の杏村(あんずむら) 日時 2010 年 9 月 15 日 15:07:38:

回答先: 陰部の炎症 投稿者 ゆう 日時 2010 年 9 月 12 日 23:28:27:

陰部の熱感、炎症、お腹の湿疹、尿路結石などは、中医学的には下焦湿熱(げしょうしつねつ)といって、下半身に汚れた水がたまりそれに熱がこもった状態です。
ただ、基本的な体質は冷えやすい気虚や陽虚の体質になります。
このように体質と症状に矛盾が生じる事もよくあります。
この場合は、まず現在の下焦湿熱を先に治します。
ただ、下焦湿熱を治療する漢方は冷やす性質のものですから、あまり冷やしすぎないように配慮する必要があります。
やや複雑なので、一度、漢方に詳しいお店などでご相談下さい。




フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 8 ]