Re: 飲み合わせについて


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 8 ]

投稿者 漢方の杏村(あんずむら) 日時 2010 年 9 月 08 日 15:53:46:

回答先: 飲み合わせについて 投稿者 水腹 日時 2010 年 9 月 07 日 13:17:06:

半夏瀉心湯と香蘇散の併用は、特に問題はありません。
ただ、ごく希に、甘草をとりすぎるとむくみが出る人があります。
そのような場合は、飲む量を減らして見て下さい。

半夏瀉心湯で黄疸が出るのは、黄岑が原因とも言われています。
黄岑はアレルギーをおこす事があるようです。
ただ、その頻度はとても低いものです。
私の知っている限りでは、黄岑の含まれたもので、副作用が出た例はありません。
もしかしたら、漢方的に正しい使われ方をしていなかった可能性もあります。

半夏瀉心湯は温める作用のものと、冷やす作用のものを併用しています。
また辛みのあるものと苦みのあるものを併用しています。
辛みのものは、胃を開く作用があります。
苦みのものは、胃気を下ろす作用があります。
辛みのもので胃気をひらき、そのすきに、胃気を下におろす作戦です。
半夏瀉心湯は、胃腸を丈夫にするという性質とは少し違うので、長期間飲めば胃腸が丈夫になるとは言えません。
その為、わりと短期間使う事が多いのですが、体質にあっていて長期間使う事もあります。
どちらかと言えば、冷やす性質が強いので、胃熱がある場合に適しています。




フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 8 ]