Re: 足の裏が熱い


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 8 ]

投稿者 漢方の杏村(あんずむら) 日時 2010 年 8 月 21 日 15:26:33:

回答先: 足の裏が熱い 投稿者 どん 日時 2010 年 8 月 21 日 14:59:09:

夜、足の裏が熱くなるのは大きく分けて4つのタイプがあります。

1.気虚タイプ
  長くあるいたり、疲れたりすると足がほてって眠れなくなります。
  脈は力がなく、力があっても中心部が弱い感じになります。
  舌の色はやや薄くなります。
  補中益気湯、小建中湯などがよく使われます。

2.陰虚タイプ
  体の中の水分が不足して熱がこもるものです。
  舌が赤くなり、時に裂紋といってひび割れる事もあります。
  喉が渇きますが、そう沢山はのみません。
  尿が黄色くなる事が多いです。
  脈は細くなります。
  ほてりは夜にひどくなります。
  瀉火補腎丸や三物黄ごん湯などをよく使います。

3.血熱タイプ
  血液の流れが悪くなり、熱がこもる状態です。
  舌は淤斑があり、脈は渋脈になります。
  口は渇きますが、沢山は飲めません。
  ほてりは夜にひどくなります。
  涼血清営顆粒などをよく使います。

4.湿熱タイプ
  体の中に余分な水分があり、気血の流れが悪くなり熱がこもります。
  湿疹などが出来やすく、天気の変化に反応します。
  舌は苔が厚く、時に黄色い苔がつきます。
  尿は黄色い事が多いですが、量が増えると白くなります。
  瀉火利湿顆粒や茵ちん蒿湯をよく使います。

このようにタイプによって使うものが違うので、一度、お近くの漢方に詳しいお店などでご相談下さい。





フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 8 ]