Re: 汗っかきの治療


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 7 ]

投稿者 漢方の杏村(あんずむら) 日時 2008 年 7 月 19 日 18:05:47:

回答先: 汗っかきの治療 投稿者 レン 日時 2008 年 7 月 18 日 14:46:29:

麦味参は気陰両虚という場合に使われます。
陰は色々な意味がありますが、ここでの陰は津液(しんえき)の意味です。
津液とは、栄養液です。

漢方では汗は津液と陽気陽気が混ざったものと考えます。
ですので、麦味参は汗によって失われた津液や気を補うものです。

含まれている五味子は収斂(しゅうれん)作用があり、毛穴を引き締めるような役割があります。

ただ、麦味参はやはり汗によって失われたものを補うのが目的で汗を止めるような作用は弱いでしょう。

小さい頃からの多汗症は、漢方でもなかなか治らない事が多いです。
ただ、何かの原因で多汗症になった場合は、漢方的に原因を探し、それを治療すると自然に多汗症が治ります。
多汗症だからこの漢方というふうに単純に決める事は出来ません。





フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 7 ]