Re: 竜胆瀉肝湯


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 7 ]

投稿者 漢方の杏村(あんずむら) 日時 2008 年 3 月 21 日 18:23:53:

回答先: 竜胆瀉肝湯 投稿者 みなみ 日時 2008 年 3 月 14 日 17:27:37:

みなみさんの様に、局所の状態と全身の状態が矛盾する事はよくあります。
例えば、全身的には冷え性なのに、局所的には熱があるような場合です。
特に湿疹、アトピーなどの皮膚病、リュウマチや膠原病など炎症があるなどに多く見られます。
このような場合は、どちらを優先されるか非常に難しくなります。
短期間なら局所の状態にあわせる事も出来ますが、長期間は無理です。
その場合は、両方をバランス良く使う方法になります。
ですから、みなみさんの場合は竜胆瀉肝湯など冷やすものと婦宝当帰膠など暖めるものをバランスよく使っていく方法になります。
ただ、どのくらいの量がその人にとってバランスが良いかは、漢方に詳しい人に相談して決めて頂くと良いでしょう。
また胃が弱い場合は、六味丸と竜胆瀉肝湯を一緒に飲むと胃にもたれるかも知れません。



フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 7 ]