Re: 多嚢胞性卵巣とにきび


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 7 ]

投稿者 漢方の杏村(あんずむら) 日時 2008 年 2 月 21 日 18:10:45:

回答先: 多嚢胞性卵巣とにきび 投稿者 ミッキー 日時 2008 年 2 月 21 日 10:37:53:

多嚢胞性卵巣などで、排卵障害や生理不順があり、にきびもある場合は、まず排卵や生理の周期を調える事が大切です。
それをしないでニキビだけ治療しようとしても、一時的に良くなる事はあってもまた再発する事が殆どです。
ただ、その人の体や状態などによって使うものは違ってきます。
多嚢胞性卵巣の場合は、一般的には汚れを綺麗にするものが必要なので、当帰芍薬散よりは桂枝茯苓丸などが適している事が多いです。
ただ、桂枝茯苓丸の力はあまり強くないので、これだけで充分かは解りません。
また、体質、状態によってもどのくらい続けると良いかは一概には言えません。
多嚢胞性卵巣はそう簡単に治るものではありませんから、効果があるように思われるのでしたら、少なくとも1年とか半年くらいは続けて見て下さい。




フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 7 ]