Re: 妊娠初期の柴苓湯について


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 7 ]

投稿者 漢方の杏村(あんずむら) 日時 2008 年 1 月 04 日 16:18:08:

回答先: 妊娠初期の柴苓湯について 投稿者 みかん 日時 2007 年 12 月 30 日 11:38:25:

柴苓湯には確かに抗体を下げる作用があるようです。
柴苓湯は胎児に影響して畸形率を上げるという事はありません。
ただ、やはり体質に合わせてのむ事は大切と思います。
柴苓湯は体を冷やす作用、乾かす作用があります。
ですので暑がりの体質でむくみやすい場合はそのまま使って問題ありません。
乾かす作用が強いものですから、舌の苔がかなり厚い場合は特に良いでしょう。
ただ、冷えやすい体質で、体内の水分が不足や血液が不足しているような場合は、婦宝当帰膠など温めて体を潤すようなものと併用する事がお勧めです。

どのくらいまで飲む方が良いかというのは、ケースバイケースで、抗精子抗体以外の抗体の問題などもあるかも知れませんから、やはり担当のお医者さんの判断に従って下さい。



フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 7 ]