Re: 白朮と蒼朮の違い


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 7 ]

投稿者 漢方の杏村(あんずむら) 日時 2007 年 12 月 13 日 17:30:52:

回答先: 白朮と蒼朮の違い 投稿者 kazuuu 日時 2007 年 12 月 11 日 22:48:59:

白朮は健脾(胃腸を丈夫にする)と補気(エネルギーを補う)作用があります。
ですから、四君子湯などの補気薬には白朮を使うべきです。
白朮を蒼朮に変更すると、もともとの四君子湯とは別な意味になります。

蒼朮は、気の流れを良くする働き、余分な水をとる働きがあります。
気の流れが悪く、ストレスが多い場合などに良く使われます。
同じ胃腸のお薬でも平胃散などは蒼朮を使うべきで、この場合に白朮を使うと処方の意味が違ってきます。

中国では蒼朮と白朮を同時に使う事もあります。

このように蒼朮と白朮は意味が違いますから、お互いに代用する事ば出来ないと考えます。



フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 7 ]