Re: 香蘇散と半夏厚朴湯の違い


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 7 ]

投稿者 漢方の杏村(あんずむら) 日時 2007 年 10 月 10 日 18:25:55:

回答先: 香蘇散と半夏厚朴湯の違い 投稿者 のん 日時 2007 年 10 月 09 日 20:43:11:

どちらも気の流れを良くする働きがありますが違いもあります。
半夏厚朴湯は、半夏、茯苓など、水の流れを改善するものが含まれています。
ですから、気の流れとともに水の流れが悪い場合によく使われます。

香蘇散は、気の流れの改善が主で水の流れを直接良くする作用はあまりありません。
香蘇散の中の香附子は気の流れだけでなく血の流れを改善する働きもあり調経作用がありますから血の道の場合は香蘇散の方がよく使われます。

胃が弱い場合でも半夏厚朴湯は使う事が出来ますが極端に胃が弱い場合は、厚朴が胃にもれたり、時に下痢になる事もあるかも知れません。



フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 7 ]